ハゲにくい髪質,シャンプーの方法,髪質を改善

  • ハゲる理由とは?
  • ハゲにくい髪質とは?
  • ハゲないシャンプー方法10選

髪の悩みは人それぞれですが、出来ればハゲにくく強い髪である事が理想ですよね。

それには、毎日のシャンプーが大きく関係している事はご存知でしょうか。

シャンプーはただ洗えばよいわけでなく、きちんとした方法があるのです。

今回はそんな、今日からできるハゲにくい髪に近づけるシャンプー方法をお教えしたいと思います。

ハゲる理由とは?

疑問画像

ハゲは遺伝などと言われていますが、確かに生まれ持った髪の質は関係していると思います。

しかし、年齢と共に髪質が変わり抜けやすくなったり薄くなっている場合は、生活習慣が主な原因と言えるでしょう。

例えば、仕事やプライベートでストレスを溜めすぎていたり、ジャンクフードや脂っこい食べ物など、偏った食事による栄養不足、また夜更かしや夜遊びにより十分な睡眠が取れていない状態、急激なダイエット、喫煙、飲酒などすべてハゲてしまう原因につながります。

また、意外にも日々のシャンプーがハゲる原因となっている場合もあります。

このように、日々何気なく行っている生活習慣が、大きくハゲる原因とつながっているといえるでしょう。

ハゲにくい髪質とは?

・太い

疑問画像

髪が太いという事は、すなわち髪に栄養成分が行き届きやすく、それだけ強い髪といえます。

だからこそ、抜けにくく外部からのダメージも受けにくいのです。

その結果、カラーリングやパーマにも強く、細い髪に比べると圧倒的にハゲにくいのです。

・ハリがある

疑問画像

髪を少し取り、軽く結んですぐに跳ね返る髪は、ハリのある証拠です。

一方、結んでそのままの状態の髪はハリがないと言えます。

髪に張りがあるという事は、十分な栄養が髪に届いている証拠です。

また、血行が悪いとハリもなくなるので、ハリがない髪はハゲやすいということにも繋がります。

ハゲないシャンプー方法10選

1.シャンプー前のブラッシングをする

疑問画像

皆さんのバスルームには、ヘアブラシをきちんと常備していますか。

シャンプーをする前に、ブラッシングタイムは必ず必要だといわています。

何故なら、絡まった状態で髪を濡らすと、髪はより絡まりやすくなり指通りが悪くなります。

そして、その状態でそのままシャンプーする事で、必要な髪まで絡まって抜けてしまう事のなるのです。

また、たとえ絡むことのない短い髪でもブラッシングする事で、頭皮に適度な刺激を与える事ができます。

特にシャンプーする度に抜け毛が多いと日々感じている人は、必ずブラッシングをすることをおススメします。

2.ぬるま湯で頭皮から洗う

疑問画像

髪を濡らしていきなりシャンプーをするのは、髪にとってあまりよくありません。

何故なら、頭皮の毛穴が開いていない状態でシャンプーをしても、毛穴に詰まった汚れをしっかりと落とすことができないからです。

まずは、ゆっくりとぬるま湯で3~5分程かけて、マッサージするように頭皮を解してあげましょう。

そうする事で、毛穴がしっかりと開き汚れが落ちやすい状況を作ることができます。

3.シャンプーの量は1~3プッシュ

疑問画像

シャンプーの量を増やせば、洗浄力がアップすると思っている人もいますが、これは大きな間違いです。

むしろシャンプーの量が多すぎると、すすぎがそのぶん大変になり、きちんとすすぎ切れなかったシャンプーが毛根につまり、フケやかゆみから抜け毛やハゲる原因にも繋がります。

だからこそ、髪の量や長さにもよりますが短い人で1プッシュ、セミロングで2プッシュ、ロングヘアでも3プッシュ程度が理想の量と言えるでしょう。

4.シャンプーは髪ではなく手のひらで泡立てる

疑問画像

シャンプーは洗浄力が高いので、直接髪に乗せるのではなく、必ず一度手の平にシャンプーを出しましょう。

そして少量の水を加え、良く泡立てその泡を髪にそっと乗せてシャンプーをしていくと、髪にも頭皮にも負担をかけずに洗う事ができるのです。

5.正しいシャンプーの姿勢は上向き

疑問画像

美容室などでも上を向いてシャンプーをするように、本来の髪の流れに沿って上を向き髪を後ろに流してシャンプーすると、頭皮がしっかりと伸び洗いやすくなります。

逆に髪を前にもって洗うと、髪を元のスタイルに戻すときに髪が絡まったりして、負担が大きくなるのです。

だからこそ髪への不要な負担を避ける為にも、少し上向きでおでこの付け根から順番に洗っていくと良いでしょう。

6.髪ではなく頭皮をマッサージする

疑問画像

シャンプーは髪を洗うものと勘違いしている人は多いのですが、本来の目的は髪ではなく、頭皮を洗う事です。

逆に、頭皮をしっかり洗う事ができていれば、ハゲを防止する事にもつながります。

ポイントは頭皮をマッサージするように、指の平でもみ洗いをしていきます。

必ず爪でゴシゴシ洗わないように注意しましょう。

7.頭皮→髪の順番で洗う

疑問画像

シャンプーするときはまず、頭皮から洗うようにしましょう。

髪から洗うとシャンプーした気になってしまい、頭皮を洗うのを忘れてしまいがちです。

また、頭皮の汚れをしっかり落としてから、髪の汚れを落とした方が効率も良いからです。

8.すすぎ湯の温度は人肌がベスト

疑問画像

お湯の温度は髪にとって、とても大事なポイントです。

熱過ぎると髪に負担をかけてしまいますし、逆にぬるいお湯だと汚れをしっかり落とす事ができません。

一番ベストなお湯の温度は38度と言われており、大体人肌くらいのぬるま湯がベストでしょう。

9.すすぎは3分かけて丁寧に

疑問画像

すすぎは、ハゲない為にも一番大事な時間です。

髪表面のシャンプーはすぐに落とせるので、さっと流して終わりがちですが、頭皮にはまだシャンプーが残っていることが多くあります。

これをきちんと洗い流さない事で、毛穴の詰まりに繋がるのです。

だからこそ、すすぎはしっかりと最低でも3分かけて行いましょう。

特に、髪ではなく頭皮を洗うイメージですすぐと良いでしょう。

10.タオルで頭皮を揉むように水分を拭き取る

疑問画像

シャンプー後のドライタイムも、重要なポイントがあります。

それは、タオルで強くたたいたりガサガサと水分を拭き取ると、摩擦により髪が傷んだり抜けたりしてしまいます。

また、タオルを通して爪を立ててゴシゴシ拭くと、頭皮を傷付ける原因にも繋がります。

正しくは、水分をタオルに吸わせるイメージで優しく包み、出来る限り摩擦を避けるように心がけましょう。

最後に

いかがでしたか。
シャンプーは髪を綺麗にするだけでなく、ハゲない為にも正しい知識が必要です。
キャラ(ポイント)

毎日の事なので間違ったやり方を続けると、ダメージがおおきくなってしまいます。

だからこそ、しっかりと髪によいシャンプー方法を理解し、ケアしていくことが大切なのです。

薄毛改善のためのシャンプーに関する内容については、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>頭皮のベタつきが薄毛の原因?ベタつきを抑えるシャンプー10選

>>シャンプーをしても頭皮がすぐベタつく?ベタつきの改善・解消方法

>>ハゲにくい髪質とは?ハゲないシャンプーの方法10選

>>シャンプーは毎日したほうがいいのか?2度洗いは抜け毛・薄毛に良い?

>>頭皮がヒリヒリする原因はシャンプー?赤み・痛みへの対処法7選

また、コチラのページでは 当サイト:メディカルAGAが独断と偏見でオススメしているAGAクリニックをランキング形式でご紹介しています。

キャラ(ポイント)

単純にランキングを発表しているだけでなく、AGAクリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけないAGAクリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。