薄毛の原因,男性,女性,自己診断,対策

  • 男女別の薄毛になる原因が知りたい!
  • 薄毛になる原因毎の最適な対策・治療法が知りたい!
  • 薄毛が進行中なら薄毛治療薬?
  • 薄毛の進行が終わったら自毛植毛が最適?

薄毛の原因はさまざまですが、男性・女性別で薄毛の症状を自己診断することでも原因を解明して適切な薄毛対策を行うことができます。

男性ホルモンなどの遺伝、もしくはお酒やシャンプーなどの生活習慣が原因なのか判明させるために必要な事故診断もポイントをまとめています。

キャラ(ポイント)

このページを読まれているということは、薄毛や抜け毛などの頭皮頭髪に関して何らかのトラブル、もしくは悩みを抱えられているのだと思います。

そこで、今回のブログ記事では、男性・女性別に薄毛・抜け毛の症状をご紹介しつつ、AGAや生活習慣などの薄毛の原因を自己診断する方法をご紹介していきます。

きっと、今現在遺伝が原因で薄毛になっているのではないか?といった不安を抱えている方々にとってはとても役に立つ内容だと思いますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しく思います。

薄毛の症状と原因(男性の場合)

キャラ(ポイント)

男性における薄毛・脱毛の症状は大きく2つのパターンに分けることができます。

<男性に観られる薄毛症状2つのパターン>

  • 頭頂部の頭髪が減少する(円形脱毛症)
  • 生え際が交代しておでこが広くなる(遺伝が原因のAGA)

男性の薄毛・脱モンの原因はほとんどがAGAだと思われがちですが、それぞれの症状によって、薄毛の原因は全く異なっています。

そこで、それぞれの症状ごとの薄毛・抜け毛の原因と取るべき対策をご紹介していきます。

頭頂部がハゲる(円形脱毛症)

キャラ(☓)

頭頂部の頭髪が減少して円形に禿げてしまっている場合には、遺伝によるAGAではなく血行不良が原因になっていると考えられます。

年齢を重ねて働き盛りになってくると、子どもや学生だった頃と比較して運動する機会がめっきり減ってしまったり、生活習慣が慢性的に乱れてしまう人が居ます。

このように生活習慣の変化や運動量の減少などが原因で血行不良になってしまう方は特に社会人に多く見られます。

体全体の血行が悪くなってしまうと、当然頭皮を巡っている血液量も少なくなって毛髪を生成している毛母細胞に十分な栄養や酵素が届けられなくなってしまいます。

その結果、毛母細胞が毛髪を形成するための十分な栄養素やビタミンが補えずに、頭髪一本一本が次第に細くなっていき、最終的には抜け落ちてしまうことにもなりかねません。

生え際が後退する(遺伝によるAGA)

キャラ(☓)

男性によっては、頭頂部や後頭部にはふさふさした頭髪が生えているにもかかわらず、徐々におでこ周辺の生え際が後退してしまう方もいます。

このパターンによる薄毛の原因は、遺伝子によるAGA(男性型脱毛症)が考えられます。

AGA(男性型脱毛症)は男性の薄毛・抜け毛の原因として最もメジャーな原因として認知されています。

AGA(男性型脱毛症)の詳しい情報については、薄毛・抜け毛対策についての情報を発信しているMAD株式会社の公式ホームページでも以下のように解説されています。

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人*、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。

*20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人

このように、日本の成人男性の3人に1人はAGA(男性型脱毛症)の遺伝子を持っていると言われており、放っておくと際限なく薄毛の症状が悪化していくと言われています。

男性ホルモンは男性器の形成や性欲の維持、筋肉量の維持・増強といった重要な役割を持っていますが、AGAが遺伝している方の場合には薄毛の原因にもなってしまいます。

男性ホルモンは精巣によってテストステロンという物質として生成されていますが、テストステロンのまま体内で変化しなければ直接的に薄毛の原因になることはありません。

AGA(男性型脱毛症)が遺伝している方の場合には、体内の酵素とテストステロンが結びついてジヒドロテストステロンという物質を生成することになります。

このジヒドロテストステロンも男性ホルモンとして男性機能の向上に役立つ物質ではあるのですが、毛母細胞の機能を低下させて毛髪の生成を抑制する働きも持っています。

そのため、体内で継続的に大量のジヒドロテストステロンが生成され続けてしまうと、毛髪の形成・成長が継続的に阻害されてしまい薄毛・抜け毛の原因となってしまいます。

さて、ここまでは男性の薄毛・脱毛症状の原因について確認してきましたが、ここからは女性の薄毛・抜け毛の原因について解説していこうと思います。

薄毛の症状と原因(女性の場合)

キャラ(ポイント)

男性に薄毛・抜け毛の症状が観られる場合には、原因を大きく2つほどにまとめられますが、女性に薄毛・抜け毛の症状がみられる場合にはさまざまな原因が考えられます。

その中でも、比較的多くの女性にとっての原因としては以下の2つが考えられます。

<女性にみられる薄毛・抜け毛の大きな2つの原因>

  • 加齢による女性ホルモンの減少
  • 遺伝による女性型男性型脱毛症(FAGA)

また、男性の薄毛の場合には、頭頂部や生え際周辺といったように局部的に頭髪の現象が見られますが、女性の場合には頭髪の密度が全体的に低下していく傾向があります。

薄毛に悩まれている女性だと、頭髪全体のハリ・コシが徐々に失われていき 毛髪一本一本が短く細くなっていきます。

そして最終的には、髪の毛の分け目から頭皮が透けてくるようになっていき、さらに進行してしまうと男性のように胸部的に頭皮が露出してしまうようになります。

それではさっそく、それぞれの薄毛になる原因について詳しく見ていきましょう。

加齢による女性ホルモンの減少

キャラ(◯)

女性は卵巣からエストロゲンという女性ホルモンを分泌させています。このエストロゲンには毛母細胞の働きを活性化させて髪の毛にハリやコシを与える働きがあります。

しかしながら、女性は年令を重ねるについて生成される女性ホルモンの量が減少していきます。

そして、一般的には40代を堺にエストロゲンの分泌が急激に減少すると言われています。

さらに、40代〜50代の更年期から60代の老年期までに至ると分泌される女性ホルモン量は10歳以下の小児よりも低い水準にまで低下すると言われています。

加齢による女性ホルモンの低下については、以下の動画でも解説されています。

女性ホルモンの低下は薄毛だけでなく、睡眠障害やストレスの原因にもなり、更年期障害を引き起こすことにもつながっていると言われています。

しかしながら、女性ホルモンの低下によって薄毛・抜け毛の症状が出てしまっている女性の場合であれば、生活習慣などを整えることで発毛・育毛が期待できます。

遺伝による女性型男性型脱毛症(FAGA)

キャラ(◯)

女性は男性のようなAGA(男性型脱毛症)が無いため、前述のように生活習慣や食生活などを改善することで 薄毛・抜け毛の症状を改善することが期待できます。

しかしながら、極稀に女性であっても遺伝の影響でAGA(男性型脱毛症)のような症状を発症することで脱毛してしまう方もいらっしゃいます。

こうした女性特有の遺伝性の薄毛・抜け毛の症状の原因は女性型男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれています。

女性型男性型脱毛症については、日本臨床医学発毛協会の公式ホームページでも以下のように書かれています。

女性の場合には「女性男性型脱毛症」(Female AGA, FAGA)と呼ばれる。男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに加齢にともない頭部全体の毛髪が細くなります。
20代の女性に見られることは非常に希で、特に40歳前後以降に毛髪密度が減少し始めることが特徴です。
初期の段階では抜け毛が増えたり、分け目が広がってきたと感じます。やがて症状が進行すると頭の広い範囲に均等に病変が起こり、全体の毛が抜け特に、頭頂部が透けて見える様になります。
男性型脱毛症と同じく、成長することを休んでしまう休止期毛の割合が多くなり、その結果抜け毛が増え脱毛症へと進んでいきます。
男性型脱毛症と異なり、前頭部のヘアライン(生え際)の後退はなく頭皮全体の毛が抜けておりますので、脱毛部の境界がはっきりしません。

こちらも加齢によって体内で生成される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少してしまうことでホルモンバランスが崩れてしまうことが原因となっています。

前述した項では『加齢による女性ホルモン(エストロゲン)の低下』について書いていましたが、違いとしては遺伝的体質による男性ホルモン量が関係しています。

女性・男性にかかわらず、どちらの性別であっても男性ホルモン・女性ホルモンを生成しており、それらのホルモンバランスが保たれることで健康を維持することができます。

女性によっては遺伝的体質によって男性ホルモン量が多い場合があります。

そうした女性は、加齢によって女性ホルモン量の分泌量が減ってしまうと、男性ホルモンが優位となって頭髪の密度が全体的に低下してしまう症状がみられます。

FAGA(女性型男性型脱毛症)とAGA(男性型脱毛症)の違いとしては 男性のように頭髪のラインが後退することはありませんが、頭髪全体が減少していき、結果的に分け目から頭髪が露出するようになっていきます。

ここまでは、薄毛の症状ごとに考えられる原因をご紹介していきましたが、ここからは原因ごとに取るべき対策を解説していきます。

薄毛の原因ごとのオススメな発毛・育毛対策

キャラ(ポイント)

薄毛に悩んでいる男性の場合には、ほとんどの方がAGA(男性型脱毛症)だと思い込まれていますが、頭髪が減少する部位によって原因が違うことについて触れました。

そこで続いては、薄毛・抜け毛の原因毎に取るべき対策をそれぞれ解説していきます。大きく分けると原因と対策のパターンは以下のように大別することができます。

  • 血行不良・女性ホルモンの低下⇒ 生活習慣の改善など
  • 遺伝(AGA・FAGA)⇒ 薄毛治療薬・自毛植毛

血行不良・女性ホルモンの低下が原因の場合

キャラ(◯)

男性の円形脱毛症であったり、薄毛に悩まれている女性全般は生活習慣や食生活など 日々の生活を見直すことによって薄毛・抜け毛を改善することができると言われています。

それではさっそく、具体的に生活習慣を見直すポイントをご紹介していきます。

<生活習慣を見直す4つのポイント>

  • バランスの取れた食生活
  • 適度な運動
  • 質の高い睡眠(睡眠不足を防ぐ)
  • ストレスの軽減

バランスの取れた食事

いくら血行が良く 頭皮にも十分な血流が確保できていたとしても、バランスの取れた食生活によって頭髪を形成するための栄養素を補えないと毛母細胞が正常に機能しません。

頭髪の成長にかぎらず、健康的なカラダを維持するためにはビタミンやミネラル、そして必須アミノ酸などの摂取が必要不可欠です。

健康的な髪の毛は健康的なカラダ・頭髪からのみ生えてくるということをと覚えておきましょう。

ここで、毛髪の成長を促進させる食べ物を以下でまとめておきます。

  • 亜鉛
  • コラーゲン
  • ビタミンB群
  • タンパク質

しかし、ここで注意しておきたいことは際限なく摂取すればよいわけではなくて、胃腸などの臓器に負担のかからない範囲で食生活に取り入れていきましょう。

また、お酒飲み過ぎや脂っこい食べ物の食べ過ぎによって内臓への負担がかかる食生活を続けることによっても頭髪の成長を妨げてしまうことになります。

例えば、胃腸に負担をかけてしまうと毛髪の成長に必要な栄養素を十分に吸収することができずに、毛母細胞に十分な栄養を届けることができません。

さらに、食べ過ぎや飲み過ぎによって肥満体になってしまうと、カラダ全体の血流が悪くなり、頭皮への血流の減ってしまうことになります。

また、午後10時から午前2時の時間帯に、特に毛母細胞が活性化して毛髪の形成が行われますが、や性をしてしまうと体内の血液が消化のために胃腸に集中してしまい毛母細胞の働きを阻害してしまいます。こうした理由から、生活習慣・食生活を正すことで健康的に発毛・育毛効果を期待することができます。

ここで、毛髪の成長を妨げてしまう食品についてもまとめておきます。

毛髪の成長を妨げてしまう食品

  • 塩分の多い食べ物
  • 糖分の多い食べ物
  • 動物性蛋白質を多く含む食べ物
  • 刺激性の強い食べ物
  • アルコール

基本的に消化・吸収に負担のかかる食べ物は、それだけの負担を内蔵にかけることになって 頭皮への血流の低下に繋がってしまいます。

また、カレーやキムチなどの刺激性の強い食べ物を食べ過ぎてしまうと発汗作用によって頭皮に皮脂が溜まりやすくなってしまいます。

他にも、アルコールを飲み過ぎてしまうと 分解する際に毛髪の形成に必要なアミノ酸が使われてしまったり、タンパク質を生成する肝臓に負担をかける事にもなります。

適度な運動をする

キャラ(◯)

頭皮への血流を増加させる簡単な方法は、適度な運動を日頃から心がけることです。

頭皮だけでなく、カラダ全体の血流が改善されますしストレス解消にも役立ちます。

巷では、筋トレや運動をすることによって男性ホルモンが分泌されて、AGAが進行してしまうと心配している方も居ます。しかしながら、円形脱毛症の男性の場合はAGAではなく血流の低下が薄毛の原因のため、適度な運動によって頭皮の血流を改善する方法が効果的だと言われています。

また、筋力増強を目的とした本格的な筋力トレーニングをすれば、男性ホルモンの分泌が促進されますが、ジョギングやウォーキング程度の適度な運動であればAGA(男性型脱毛症)の方であっても心配する必要はないと考えられます。

質の高い睡眠を取る(睡眠不足を防ぐ)

キャラ(ポイント)

日中に蓄積された疲労やダメージは、夜間に眠っている間にカラダが自動的に修復するような仕組みができています。

そして、カラダの臓器や部位によって修復が行われる優先順位があらかじめ決まっているのですが、頭皮・頭髪の部位の優先順位はとても低くなっています。

そのため、睡眠時間を十分に取ることができなければ、必然的に頭皮・頭髪のメンテナンスが行われにくくなり、ダメージが蓄積し続けた結果薄毛になってしまうと思われます。

また、睡眠不足になってしまうと 薄毛になる原因の1つであるストレスが溜まってしまうことにも繋がりかねません。

ストレスを定期的に解消して貯めこまない

キャラ(☓)

ストレスを長期的に溜め込み過ぎてしまうと、薄毛を間接的に誘発してしまうことになります。

ストレスを感じると交感神経が刺激を受けて血流が増加しますが、慢性的にはストレスを感じてしまわないように注意するようにして下さい。

慢性的にストレスを家事続けていると、血管が収縮して頭皮に十分な血流が届かなくなってしまいますし、ホルモンバランスが崩れる原因にもなってしまいます。

それでは次に、遺伝による体質が原因による薄毛の対策について解説していきます。

遺伝(AGA・FAGA)による薄毛の治療・対策

キャラ(ポイント)

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型男性型脱毛症)は遺伝によって受け継がれるものですが、これらが原因で薄毛になってしまっている方はAGAクリニックで薄毛治療や自毛植毛手術を受けることを検討しましょう。

AGA・FAGAの体質の方だと、男性ホルモンであるテストステロンが分泌されると体内の酵素が結合してDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンが生成されます。

このDHT(ジヒドロテストステロン)には、毛母細胞の働きを抑制させる働きがあるために 毛髪の成長・生成が阻害されてしまいます。

性行為やオナニー、そして筋トレなどをすると男性ホルモンが分泌されて薄毛が進行してしまうというウワサじみた情報が流れています。

しかしながら、DHT(ジヒドロテストステロン)が生成されやすいAGA・FAGAの方の場合には、実際に薄毛の進行を早めることになってしまいます。

特に、性行為やオナニー(自慰行為)によって射精すると、新たに精子・精液を生成するために男性ホルモンの分泌が盛んになり、結果的にDHTの分泌も促進されます。

DHT(ジヒドロテストステロン)が毛髪の成長を阻害することで薄毛の原因になっていることに関しては、薄毛治療を行う大阪クリニックの公式ページでも解説されています。

ジヒドロテストステロン(DHT)について説明するには、まずテストステロンの話から始めなくてはいけません。
テストステロンも、ジヒドロテストロンと同じく男性ホルモンの一種です。男性はもちろん、女性にも少量は分泌されている誰しもが持っているホルモンです。
このテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるのがジヒドロテストロンです。ジヒドロテストロンには毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があることから、薄毛と関係の深いホルモンと言われています。
要するに、ジヒドロテストロンはテストステロンが姿を変えたものであるというわけです。毛髪に対して悪影響を及ぼすのはあくまでも“ジヒドロテストロン”に変わってからなので、テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストロンへと変化してしまうこと自体を防げば、薄毛の進行を抑えることにもつながるのです。

こうした理由から、薄毛に悩む男性は男性ホルモン(テストステロン)が分泌されないように筋トレや性行為を避けようとする傾向にありますが、男性ホルモンにはカラダをメンテナンスする上で大変重要であり、以下のような働きがあります。

<男性ホルモンの重要性・役割>

  • 男性器の発育・形成
  • 性欲の維持・向上
  • 精巣での精子生成
  • ヒゲなどの体毛の成長促進
  • 筋肉・皮膚を形成するタンパク質の生成
  • 筋肉量の維持・増強

キャラ(◯)

このように、男性ホルモンには心を前向きにして行動を促す精神的な作用であったり、特に胎児期・幼児期には男性器の生成などの男性らしいカラダを形成する役割もあります。

そのため、男性ホルモンの分泌そのものを抑制するのではなく、テストステロンが体内酵素と結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変化することを避けることが最善の方法だということが言えます。

しかしながら、こうした内分泌系の治療は自己判断では難しく危険も伴うため、AGA・薄毛治療を行っているクリニックや病院に通院して薄毛治療を受けることが現実的です。

そして、AGAなどの遺伝的な要素で薄毛ガン進行している方の特徴としては、額が徐々に広がっていってM字禿になる特徴がありますが、そうした方には特に自毛植毛が効果的だと言われています。

キャラ(◯)

自毛植毛手術の技術力が高いAGAクリニックとしては、アイランドタワークリニックや親和クリニックなどが有名です。

親和クリニックは自毛植毛の技術力が高いということで、『名医のチカラ』という番組でも特集が組まれていました。

自毛植毛はDHT(ジヒドロテストステロン)による影響を受けにくい、健康的な後頭部の毛母細胞を額や頭頂部に移植することで発毛・育毛効果を期待することができます。

自毛植毛について詳しい内容をチェックしたい場合にはコチラの記事を参考にして下さい。

当サイトメディカルAGAの管理人による独断と偏見で薄毛治療クリニックランキングをご紹介しています。

とはいっても、自毛植毛手術を受けるには数百万円単位の薄毛治療費用が必要になりますし、何よりも頭皮を傷つけてしまうために抵抗がある方もいらっしゃると思います。

その場合には、フィナステリドという発毛・育毛効果のある成分が配合されたプロペシアやミノキシジルタブレットなどによる投薬治療を受けることをオススメしています。

プロペシアやミノキシジルには内服薬と外用薬の2種類が存在しており、それぞれにメリット・デメリットが有ります。

内服薬の場合には、体内で長期的に働き続けることでより高い効果が期待できますが、長期的に服用し続けることで以下のような副作用が発現するリスクも有ります。

<プロペシアやミノキシジルによって発現しうる副作用>

  • ED(勃起不全)
  • 記憶力・集中力の低下
  • 抑うつ状態になる
  • 不安感・疲労感の蓄積
  • 過剰な発汗や血圧の上昇
  • 睡眠障害による睡眠不足

体質によって副作用が発現しない方もいらっしゃいますし、副作用の程度も人それぞれだと言われています。

その一方で、頭皮に直接塗るタイプのプロペシアやミノキシジルであれば、内服薬ほどの効果はないですが使用することでの副作用も発現しにくいとも言われています。

ただし、薄毛の投薬治療をする際には妊娠中の女性は絶対に注意するべき点があります。それは、プロペシアやミノキシジルの成分に接触しないということです。

フィナステリドの成分は皮膚からも浸透して、接触してしまった女性の男性ホルモンの分泌さえも抑制してしまうことになります。

そして、その女性が男児を妊娠していた場合には、フィナステリドの成分のせいで男児の男性器の形成が正常に行われなくなって生殖器に障害が生じる危険性があります。

キャラ(ポイント)

妊娠中の女性がプロペシアやミノキシジルなどの薄毛治療薬に接触するリスクについての詳しい情報についてはコチラのブログ記事で解説しています。

薄毛の悩みについては、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>【HARG治療の効果・副作用】2chの口コミ&モニター情報

>>女性の薄毛治療ならプラセンタ注射!育毛・発毛効果&副作用

>>分け目が目立つ?女性の薄毛(FAGA)を改善する3つの方法

>>女性のアンチエイジングは髪が命!20歳若返るFAGA治療

>>髪の毛が薄くなってきたら?女性が取るべき3つの対策&メリット

>>頭皮改善して太い髪を生やすには?女性の薄毛(FAGA)には投薬療法

>>髪を立てると頭皮が見える?頭皮・頭髪のアンチエイジング治療

>>髪の分け目を変えると頭皮が痛い?女性の薄毛治療(FAGA)

最後に

今回のブログ記事では、男性・女性別の薄毛の症状から原因を自己判断して、適切かつ具体的な薄毛対策方法についてご紹介していきました。

キャラ(ポイント)

ホルモンバランスの異常や生活習慣が原因だった場合には、自助努力によってある程度薄毛・抜け毛の症状を改善する効果が期待できます。

しかしながら、専門的な知識が無いままで薄毛治療を続けていくには限界があると思いますので、当サイト メディカルAGAではAGAクリニックでの無料カウンセリングをオススメしております。

AGA・薄毛治療を行っているほとんどのクリニック・病院では、担当医や専任カウンセラーによる無料カウンセリングを受けることができます。

無料カウンセリングを受けるだけでしたら、治療費用など全く掛かる心配がありませんから、自分で薄毛対策をするにしても少なくとも一度は受けてみることをオススメしております。

より正確な原因や適切な治療法を教えてもらえることで今後の薄毛対策にも大変参考になるはずです。

育毛メソセラピーによる薄毛治療

キャラ(ポイント)

もし、『プロペシアやミノキシジルには頼りたくないけど その他の薄毛治療の方法がわからない。。。』と思われているのなら『育毛メソセラピー』による薄毛治療がオススメです。

育毛メソセラピーはプロペシアに含まれているフィナステリドの成分によって頭髪の成育を防ぐジヒドロテストステロンの分泌を抑制する方法ではありません。

頭皮に直接的に成長因子と呼ばれる細胞分裂を活性化させる成分を注入することで、毛根を活性化させて発毛・育毛を促進させます。

大手AGAクリニックであれば、アイランドタワークリニックTOMクリニックAGAルネッサンスクリニックなどで受けることができます。

発毛・育毛効果も抜群で、コチラのように1年も経たずに劇的に頭皮・頭髪環境が改善していきます。

男性20代/育毛メソセラピー

AGAルネッサンスクリニック,症例写真,体験談,口コミ,評判

このように、育毛メソセラピーによる薄毛治療であれば、プロペシア・フィナステリドによる副作用や妊娠中の胎児への悪影響を心配する必要がありません。

当サイト:メディカルAGAがオススメしているAGAクリニックの独自ランキングに関しては、コチラのページをご覧ください。

自毛植毛で外科的に薄毛を改善

キャラ(ポイント)

ただし、既に薄毛が進行してから期間が経ってしまっていると薄毛治療薬を服用するだけでは頭髪の再生が難しいこともあります。

こうした場合には、自毛植毛による薄毛治療が非常に効果的です。

自毛植毛は費用が高額ということで、なかなか考えにくいと思われるかもしれませんが、ARTAS全自動自動植毛というロボットによる植毛施術であれば40万円ほどから受けることができます。

コチラのように、後退した生え際や額がもともと広い方にも効果的な薄毛治療法になっています。

アイランドタワークリニック, 口コミ, 評判

自毛植毛施術の技術力で言えば、親和クリニック新宿アスク井上クリニックがおすすめです。

自毛植毛クリニックの中でも非常に人気が高く、自毛植毛を受けるために2ヶ月待ちになることもあります。

ただし、費用は少なくとも100万円ほどはかかりますから、いきなり検討するのは難しいと感じる方も多いはずです。

キャラ(ポイント)

そんな場合には、ARTAS全自動自動植毛を是非検討してみてください。

ARTAS全自動自毛植毛であれば約40万円から施術を受けることができます。

以下のように AGAクリニックによって治療費用は若干変わりますからARTAS自毛植毛を検討したい場合には参考にしてください。

ARTAS自毛植毛の費用比較

コチラの費用比較からも分かるように、ARTAS自毛植毛を検討される場合には 特にTOMクリニックが低価格でお得に設定されています。

基本的には、手作業による自毛植毛を検討されている場合には、施術費用よりも担当医の実績や技術力を重視すべきです。

しかしながら、ARTASによる全自動自毛植毛であれば自毛植毛の施術がロボットによって行われますから、担当医の実績や技術力を考慮する必要がありませんから費用が安いところを選ぶべきです。

TOMクリニックならではの魅力や特長、口コミや評判についてはコチラのブログ記事が参考になります。

>>TOMクリニックの2ch口コミと評判!ARTAS自毛植毛の魅力

当サイト:メディカルAGAがオススメしているAGAクリニックの独自ランキングに関しては、コチラのページをご覧ください。