頭皮のカサブタ,かさぶたが治らない,治し方,治療法

  • 頭皮にかさぶたができる原因
  • かさぶたを治す方法10選

頭皮にフケ増えたと感じたり、かゆみがある場合は頭皮のかさぶたが原因である確率が高く、かさぶたの状態を放置するとハゲる原因にもなると言われています。

そんな頭皮のかさぶたは、なぜできてしまうのでしょうか。

その理由と改善点についてお話します。

頭皮にかさぶたができる原因

・接触性皮膚炎

疑問画像

一般的に多いのがこの接触性皮膚炎で、いわゆるかぶれと呼ばれるものから始まります。

これは普段のシャンプーやトリートメント、整髪剤が頭皮に合わず炎症を引き起こしてしまったことにより、かぶれたり湿疹状態が続き、かさぶたとなるケースです。

・脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

疑問画像

人の頭には、マラセチア菌と呼ばれる常在菌が存在します。

この菌は通常であれば、頭皮の健康を保つ役割をしてくれる菌ですが、皮脂が多すぎるとその皮膚を餌にするマラセチア菌も増殖し、逆に皮膚に炎症を起こしてしまいます。

その結果、炎症を起こした皮膚はやがて、かさぶたとなってしまうのです。

・皮脂欠乏性皮膚炎(ひふけつぼうせいひふえん)

疑問画像

いわゆる乾燥が原因となり起こる症状です。

乾燥の原因は過度なシャンプーや、洗う際に頭皮を傷付けてしまう事でおこると言われています。

これは脂漏性皮膚炎と逆で、皮脂が少ない事で皮脂バリアが低下し、外部からの刺激を受けやすい状態になっている事が原因と言われています。

・ダイエットなどによる栄養不足

ムリなダイエットをすると、髪に元気がなくなり弱くなるのは有名な話ですよね。

これは、必要な栄養成分が髪に行き届かず、当然頭皮も栄養が足りていないことになります。

その結果、免疫力も下がり血行も滞ってしまい、代謝が悪くなることで、頭皮環境も悪化するのです。

この状態が続くと頭皮が赤くなったり、かぶれやかさぶたの原因に繋がります。

かさぶたを治す方法10選

1.皮膚科に行く

疑問画像

かさぶたがひどく、即効性を求めるのであれば、皮膚科に行くのがオススメです。

皮膚科では原因も分かりますし、症状に合った塗り薬や飲み薬を処方してくれます。

病院に行くのは待ち時間等、少し面倒ではありますが、かゆみがひどい場合など早く改善しないと余計にひどくなってしまいます。

だからこそ、皮膚科の専門医に診てもらった方が良いと言えるでしょう。

2.ストレスを発散する

疑問画像

頭皮にトラブルが出ている人のほとんどが、仕事やプライベートでストレスを抱えている人が多いのです。

このストレスは皮脂を増加させる原因の一つと言われています。

また、ストレスを抱えイライラしている人が良く頭をかきむしるシーンがありますが、これはストレスによるかゆみからくるものです。

このかゆみは頭皮を傷付ける原因にもなりますので、まずはストレスレスな生活を送るよう心がけましょう。

3.食生活を見直す

疑問画像

かさぶたの原因となる皮脂の増加は、乱れた食生活が原因の一つでもあります。

日頃から、脂の多い食事やラーメンなどのスープを全部飲んでいたり、ケーキやポテトチップスなど油分の多いお菓子を食べていては、どんなに髪に良いシャンプーを使っていても意味がありません。

そういった食事から得る多くの油は、頭皮の皮脂を増やしてしまう原因となるのです。

だからこそ、健康的な食生活を心がける事がかさぶたを改善する方法の一つなのです。

4.紫外線を避ける

疑問画像

頭皮のように最も紫外線を浴びやすい場所は、気付かないうちに頭皮を痛めてしまっています。

特に、紫外線は肌を酸化させてしまう効果があり、酸化した頭皮はかさぶたになりやすいのです。

だからこそ、顔や腕だけでなく頭皮の紫外線対策をしっかり行うことが大切です。

対策としてあ、日傘や防止が一般的ですが、最近は髪専用の日焼け止めありますので活用しましょう。

5.薬用洗髪剤を使う

疑問画像

かゆみやフケ、かさぶたの改善にオススメなのが、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることが出来る薬用洗髪剤です。

洗髪剤は毎日使用するのではなく、1~2週間に1度のペースで使っていくうちに、頭皮トラブルの原因なる皮脂を抑え、綺麗にする効果があります。

かさぶたはかゆみからできる場合も多いので、かゆみが収まればかさぶたもできにくくなると言えるでしょう。

6.頭皮専用美容液をつかう

疑問画像

かさぶたが出来るということは乾燥していることも大きな原因の一つです。

肌もそうですが、頭皮も乾燥させるとかさぶたなどの頭皮トラブルが起きてしまいます。

だからこそ、肌と同じく頭皮専用の美容液を与えることで、乾燥を防ぎ、中には栄養を与えるものもありますので、頭皮環境が改善されかさぶたを改善することに繋がるのです。

7.有酸素運動を取り入れる

疑問画像

頭皮と運動は関係ないように見えて、実は密接な関係があります。

なぜなら、運動をすることでホルモンバランスが改善される上、毛細血管の量が増えるからです。

そして頭皮は毛細血管で覆われていますので、この毛細血管が増える事で、血流も良くなり頭皮トラブルを回避することが出来るのです。

運動の目安は1日30分以上の有酸素運動がベストです。

なかなか運動する時間が取れない人は、朝30分早く起きて2駅先の駅まで歩きましょう。

ウォーキングはもっとも手軽にできる有酸素運動の一つです。

8.シャンプーを変える

疑問画像

シャンプーを香りや髪の仕上がりのテクスチャーだけで選んでいませんか。

実はシャンプーには洗浄力に差があり、一般的に売られているシャンプーは強い洗浄力のあるものがほとんどです。

その結果、シャンプーが合っていないと刺激が強すぎて、頭皮が荒れやすくなってしまいます。

だからこそ、香りやテクスチャーだけで選ぶのではなく、頭皮に刺激の少ないシャンプーを選ぶことが大事なのです。

9.正しいシャンプー方法を知る

疑問画像

普段のシャンプー方法をまず見直しましょう。

頭皮はかなり繊細ですが、きちんと洗いたいと思うあまりに、爪を立ててゴシゴシ洗っていませんか。

これでは頭皮が傷付き、菌を増やしたり化膿させる原因になってしまいます。

また、シャンプーやコンディショナーが頭皮に残ったままであれば、カビの原因にもつながります。

だからこそ、正しいシャンプーの方法を今一度確認しましょう。

10.ビタミンBを摂取する

疑問画像

ビタミンンの中でも、皮膚退社を改善してるビタミンBを積極的に取るようにしましょう。

ビタミンB、は鶏・牛レバーや鯖、バナナや納豆などの大豆製品にも多く含まれています。

このようなビタミンBを積極的に摂取する事で、新陳代謝を促し、かさぶたをきれいにしてくれるでしょう。

最後に

いかがでしたか。かさぶたは放置すると、どんどん悪化するので早めに改善をすることが良いと言えますね。

キャラ(ポイント)

また、一番大切な事はバランスの良い生活を日々送り、頭皮を清潔に保つよう意識することが、かさぶたを防ぐ方法と言えるでしょう。

薄毛改善のためのシャンプーに関する内容については、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>頭皮のベタつきが薄毛の原因?ベタつきを抑えるシャンプー10選

>>シャンプーをしても頭皮がすぐベタつく?ベタつきの改善・解消方法

>>ハゲにくい髪質とは?ハゲないシャンプーの方法10選

>>シャンプーは毎日したほうがいいのか?2度洗いは抜け毛・薄毛に良い?

>>頭皮がヒリヒリする原因はシャンプー?赤み・痛みへの対処法7選

また、コチラのページでは 当サイト:メディカルAGAが独断と偏見でオススメしているAGAクリニックをランキング形式でご紹介しています。

キャラ(ポイント)

単純にランキングを発表しているだけでなく、AGAクリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけないAGAクリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。