M字ハゲが治った,治った人の経験談,治療方法

  • M字ハゲの原因はなに?
  • ハゲが治ったという話を聞いたことがあるけど、本当?
  • M字ハゲはどうやって治すの?

男性の頭髪トラブルであげられる薄毛の悩み。

 

頭頂部や後頭部が薄くなって悩む方もいれば、生え際の後退が進み、M字ハゲに悩まれている男性も多いですね。

 

M字ハゲ、若ハゲは治すことができるのでしょうか。

キャラ(ポイント)

薄毛で悩まれる方は、できれば早く

 

なんとかして悩みを解消させたいですよね。

そこで、M字ハゲが治った方の体験談を紹介しながら、M字ハゲを治す方法について紹介していきます。

M字ハゲは治る?ハゲる原因とは

キャラ(ポイント)

M字ハゲは治らないよ。。。なんて諦めかけていませんか?

何をやっても無理だしと諦める気持ちも分かります。M字ハゲは治すのが最も難しいとも言われているんですね。しかし、M字ハゲの原因はご存知ですか?

 

M字ハゲの原因

  • 遺伝
  • ストレス
  • 生活習慣の乱れ

主な原因は3つ挙げられるのですが、遺伝は受け入れるしかないですよね。M字ハゲの遺伝を受け継いでいるなら、対策を知っておくことが大切です。

 

ストレスは、身体の健康にもよくありません。したがって髪にも当然よくないのです。

 

ストレスにより、頭皮で血行不良が起こり髪に必要な栄養がうまく運ばれなくなってしまうため、抜け毛が多くなるのです。

 

そして、食生活の乱れ、睡眠不足、運動不足、喫煙といった生活習慣の乱れも髪の成長、健康維持の妨げなるのです。この原因を見ると、改善して治すことができそうではないですか?

 

治すまではいかなくても、M字ハゲをこれ以上悪化させないようにすることができるのではないでしょうか。基本的に毎日の生活習慣、頭皮ケアの積み重ねが大切なのです。

M字ハゲはこうやって改善しました!体験談

ゆっくり丁寧なシャンプー

 頭皮に良いシャンプーを使うだけではなく、そのシャンプー方法がカギとなっていたようです。

口コミアイコン

自分に合うシャンプーを見つけたけれど、なかなか改善はされませんでした。

 

問題はシャンプーの仕方にあったみたいです。

 

サッとすませるシャンプーの仕方から、じっくりゆっくり洗うようにしたところ、悩みは改善してきました。(30代)

そうなんです。毎日行うシャンプー。シャンプー選びも大事ですがシャンプーの仕方がとっても重要!頭皮をマッサージするように、優しく丁寧にじっくり洗うこと。

 

さっさと済ませたいからといってスピーディに洗ったり、綺麗にしようと思ってゴシゴシ力を入れて洗うのは、頭皮への負担となってしまいます。

 

頭皮をマッサージするように洗うことで血行促進され、頭皮も綺麗になり、頭皮環境を整えることができるのです。

 

みなさんも、まずシャンプーの方法という基本的なことを見直してみてはいかがでしょうか。

生活習慣を改めました

 直接的な頭皮ケアではなく、生活習慣に注目!
口コミアイコン

ハゲの原因には、栄養バランスの悪い食生活、ストレスが影響していると知ったので、

 

食生活、ストレス、睡眠と生活習慣を見直しました。

 

食事もお腹いっぱいではなく、腹八分目に。

 

少しずつ抜け毛も減っている気がします。(30代)

口コミアイコン

若ハゲを治すために育毛剤などをいろいろ試しましたが、全く効果がありませんでした。

 

いろいろ調べたところ、食生活に問題があったんだと思います。

 

ファーストフードなどをよく食べていたので、脂っこい食生活を辞めました。

 

和食中心、野菜をたくさん食べたりする食生活に変えたところ、半年くらい経ったら抜け毛が減りました。(20代)

生活習慣が乱れていると、頭皮環境も悪くなり、健やかな髪を維持することができません。食事面では、頭皮環境を悪くする、髪に良くない食べ物を取り過ぎないこと。

 

栄養バランスの取れた食生活、髪によい栄養素などを積極的に摂取するようにしましょう。また、ストレスを溜めないことは難しいですが、自分に合った方法でストレス解消を行うこと。

 

寝ている間に頭髪も成長、回復を行います。睡眠時間も十分に取ることが大切です。基本的な生活習慣を見直すこと。これだけでも、頭髪によい影響を与えてくれます。

 

基本的なことで悩みの全てが改善されるわけではありませんが、毎日の積み重ね、継続が大切です。諦めずに続けていくことで効果を実感できるでしょう。

専門治療を受けました

口コミアイコン

育毛剤や市販のスカルプシャンプーでは自分に効果がなかったので、専門家に相談をしました。

 

治療であっという間に抜け毛が改善。生活面でもアドバイスをもらいました。生活習慣も大事なんですね。

 

セルフケアをしている時にも生活面をしっかりしておけば少しは効果があったかもしれませんね。(20代)

口コミアイコン

育毛剤ではなかなか治らなかったM字ハゲ。前頭部から髪がスカスカで地肌が目立っていました。

 

知り合いの皮膚科の先生に相談をしたところ、「AGAは病院で治療すれば9割は治るよ。」と言われたのです。

 

そこでAGA専門のクリニックへ行き、無料カウンセリングを受けてから治療をすることにしました。

 

治療から3ヶ月目で薄毛の部分に産毛が!

 

半年くらいで産毛がコシのある髪になり、発毛を実感することができたのです。

 

なかったところから産毛が生え、普通の髪の毛に成長し、薄毛が気にならなくなりました。

 

早めに専門のクリニックで治療してよかったです。(30代)

セルフケアではなかなか効果が現れにくいです。早くM字ハゲを治したいという場合は、専門クリニックへの受診もおすすめです。

 

専門クリニックによる主な治療方法

  • 内服薬
    薄毛の治療薬を使う治療法。最もポピュラー。
  • 外用薬(塗り薬)
    塗り薬タイプの育毛剤による治療。(クリニックでは感染症、ストレス、病気、M字ハゲなどに対応可能)
  • 育毛メソセラピー
    M字ハゲ治療に必要な薬剤を頭皮に注入する治療方法
  • 自毛植毛
    自分の毛を足りないところに移植する治療法
  • HARG治療
    再生医療の技術を活かした画期的なM字ハゲの治療方法

専門クリニックで専門的な治療を受けることもM字ハゲを効果的に治すことができます。M字ハゲは治らないと諦めかけていた方、まずは頭皮ケアの方法、食生活、生活習慣を見直してみませんか?

 

規則正しい生活を続けることで、抜け毛を減らし、M字ハゲの進行を食い止めることにつながるでしょう。

 

また、専門治療を受けることもM字ハゲを治す方法の1つです。

 

M字ハゲの治療に興味がある方は、まずクリニックで無料カウンセリングなどを受けてみることをおすすめます。

 

M字ハゲに関する悩みについては、こちらのブログ記事もチェックしてみてください。

>>M字ハゲが治った!?治った人の経験談&治す方法について

>>生まれつきのM字ハゲは治らない?初期の生え際なら改善できる?

>>美容室は薄毛だと恥ずかしい?薄毛男性に似合うヘアスタイル10選

>>女性はハゲを気にしない?彼氏がハゲている女性の口コミ&経験談

>>M字ハゲの髪型にはツーブロック!ハゲでもイケてる髪型10選

 

もしどうしてもモミアゲがないことをコンプレックスに感じてしまっているのであれば、効果が全くない育毛剤や顔のマッサージなどは止めて、メディカルローンを活用して自毛植毛を受けることをオススメします。

 

それではここで、当サイト:メディカルAGAでオススメしている自毛植毛クリニックの第1位から第3位までをご紹介したいと思います。

自毛植毛ランキングBest3

ランキング1位  親和クリニック

親和クリニック

親和クリニックの特長

親和クリニックであれば、日本国内だけでなく世界的に植毛技術が評価されている『音田正光 総院長』から独自の植毛術『MIRAI(ミライ)法』を受けることができます。

 

『音田正光 総院長』は元々アイランドタワークリニックで自毛植毛意図して活躍されていましたが、当時から施術を受けるまでに2ヶ月待ちの状態が続くなど驚異的な人気を誇っています。

 

MIRAI(ミライ)法は自毛植毛の術式であるFUE法をさらに改良した方法であり、後頭部を刈り上げること無く植毛グラフトを採取することができ、頭皮への負担も軽く済む方法になります。

 

また 親和クリニックでの無料カウンセリングでは、『音田正光 総院長』から自毛植毛施術を受けて、薄毛の悩みを解消した元患者さんのカウンセラーに相談に乗ってもらえます。

 

実際に自毛植毛施術を経験されているからこそ分かる、貴重なアドバイスや実体験を共有してもらえますから、無料カウンセリングを受けるだけでも非常に価値があります。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット日本国内の一流植毛医『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿・大阪・名古屋・福岡

 

注目ポイント

  • 日本国内・世界から植毛技術が高く評価されている『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『MIRAI(ミライ)法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

親和クリニックならではの口コミや評判はコチラ

>>親和クリニックの口コミと2chでの評判!

キャンペーン情報をチェック

ランキング2位  アスク井上クリニックアスク井上クリニックの自毛植毛

アスク井上クリニックの特長

アスク井上クリニックは元アイランドタワークリニック創設者であり、現在は植毛界のレジェンドドクターと呼ばれている『井上浩一 総院長』が開院された自毛植毛クリニックです。

 

『井上浩一 総院長』は美容外科医として日本で経験を積まれた後に、アメリカで植毛技術を学んでいち早く日本での普及に貢献された方です。

 

アイランドタワークリニックは日本国内の自毛植毛シェアの60%以上を占めている最大手自毛植毛クリニックですし、『音田正光 医師』を初めとする一流植毛医を輩出してきた歴史あるクリニックです。

 

こうした日本の自毛植毛業界における功績や高い自毛植毛技術から、『井上浩一 総院長』は植毛界のレジェンドドクターと日本国内外から高く評価されています。

 

アスク井上クリニックでは、FUE法による自毛植毛施術を改良した『i-Safe』という独自の自毛植毛施術を提供しています。

 

頭皮への負担を軽減するだけでなく、『親和クリニック』の『MIRAI法』と同じように後頭部を刈り上げずとも植毛グラフトを採取できることも大きなメリットとなっています。

 

また、『親和クリニック』と同様に実際に『井上浩一 総院長』から植毛施術を受けられた元患者さんであるカウンセラーに相談に乗ってもらうことができます。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット植毛界のレジェンドドクター『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿院のみ
注目ポイント

  • 植毛界のレジェンドドクターとして知られる『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『i-Safe法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

アスク井上クリニックならではの魅力や特徴はコチラ

>>アスク井上クリニックの口コミ・評判!

キャンペーン情報をチェック

ランキング3位  TOMクリニック

TOMクリニックの特長

TOMクリニックは手作業による自毛植毛施術よりも、比較的リーズナブルな価格で受けられる『ARTAS植毛』を業界最低価格で提供している自毛植毛クリニックです。

 

『親和クリニック』や『アスク井上クリニック』で自毛植毛施術を受けるとなると、少なくとも100万円ほどは予算が必要になります。

 

その一方で、『TOMクリニック』が提供している『ARTAS植毛』であれば、施術が全てロボットによって全自動で行われるため施術費用が大幅に抑えられます。

 

一般的には、施術費用は度外視してでも技術レベルの高い植毛医から自毛植毛を受けるべきです。

 

ただし、『ARTAS植毛』であれば医師ではなくロボットによって施術が全て行われるため、『ARTAS植毛』による自毛植毛を検討されている場合には、施術費用が最も安いクリニックを選ぶことも方法の1つです。

 

こうした観点から考えると、『TOMクリニック』は最善の選択肢の一つとなるはずです。

評価★★★★☆
価格およそ40万円〜
メリットARTAS植毛を業界最安値で受けることができる。
店舗新橋院・梅田院
注目ポイント

  • 『ARTAS植毛』を他のどのクリニックよりも低価格で受けることができる。
  • 必要に応じて、『ARTAS植毛』とプロペシアやミノキシジルなどの投薬療法を組み合わせることもできる。
  • 無料カウンセリングの段階で、自毛植毛の施術を担当する医師にアドバイスを受けたり質問をすることができる。

TOMクリニックならではの魅力や特徴はコチラ

>>TOMクリニックの2ch口コミと評判!

キャンペーン情報をチェック

既に生え際が後退し始めていて本格的な自毛植毛施術を希望するのであれば、『親和クリニック』や『アスク井上クリニック』などの手作業による高密度な自毛植毛が特にオススメです。

 

その一方で、今回お話してきたような生まれつき広いオデコやモミアゲなどの比較的狭い範囲の自毛植毛であれば、『TOMクリニック』のARTAS植毛を活用してリーズナブルにコンプレックスを解消することもできます。

 

TOMクリニックでの薄毛・AGA治療の体験談、口コミ・評判についてはコチラのブログ記事でご紹介しています。

当サイト:メディカルAGAがオススメしているAGAクリニックの独自ランキングに関しては、コチラのページをご覧ください。