植毛,痛い,痛くない,施術後の痛み

  • 植毛は痛いのか?痛くないのか?気になる!
  • 自毛植毛の施術後の痛みはどんな感じ?
  • 麻酔の種類や鎮痛効果は問題ない?
  • FUE法やFUT法によっても痛みが異なる?

自毛植毛手術を受ければ半年から1年間ほどの期間はかかりますが、移植部位は生え際・頭頂部・モミアゲなどどんな部分であっても確実に毛が生えてきます。

効果があるのか無いのか分からないような育毛剤や育毛サロンはとても多いですが、お金と時間はいくらかかってもいいから確実な発毛を実感したい!という方には非常にオススメです。

このブログ記事を書いている私自身も中学生の頃からのコンプレックスだった、生まれつき広いおでこを自毛植毛で解消することができました。

キャラ(ポイント)

しかしながら、問題なのは施術前・施術中・施術後の頭皮の痛みが心配で施術を受けることをなかなか決断しきれないということだと思います。

私自身も痛みには弱いタイプなので、ツネラれただけでも痛くて我慢できないような性格です。

ただし結論から先にお伝えしておくと、痛みに相当弱い方であったとしても施術前には局所麻酔や伝達麻酔など多種多様な麻酔を受けますから痛みを感じることはありません。

また、日本国内で自毛植毛を行っているクリニックは数多く存在しますが、最大手のアイランドタワークリニックだけでも自毛植毛の症例件数だけでも2万件ほどもあり、施術方法が確立された安全性の高い薄毛治療だといえます。

そんな私がオススメする信頼性が高く、施術後の植毛部位の仕上がりにも納得できる自毛植毛クリニックは以下の2つのクリニックになります。

オススメ自毛植毛クリニック2選!

ランキング1位  親和クリニック

親和クリニック

親和クリニックの特長

親和クリニックであれば、日本国内だけでなく世界的に植毛技術が評価されている『音田正光 総院長』から独自の植毛術『MIRAI(ミライ)法』を受けることができます。

『音田正光 総院長』は元々アイランドタワークリニックで自毛植毛意図して活躍されていましたが、当時から施術を受けるまでに2ヶ月待ちの状態が続くなど驚異的な人気を誇っています。

MIRAI(ミライ)法は自毛植毛の術式であるFUE法をさらに改良した方法であり、後頭部を刈り上げること無く植毛グラフトを採取することができ、頭皮への負担も軽く済む方法になります。

また 親和クリニックでの無料カウンセリングでは、『音田正光 総院長』から自毛植毛施術を受けて、薄毛の悩みを解消した元患者さんのカウンセラーに相談に乗ってもらえます。

実際に自毛植毛施術を経験されているからこそ分かる、貴重なアドバイスや実体験を共有してもらえますから、無料カウンセリングを受けるだけでも非常に価値があります。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット日本国内の一流植毛医『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿・大阪・名古屋・福岡

注目ポイント

  • 日本国内・世界から植毛技術が高く評価されている『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『MIRAI(ミライ)法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

親和クリニックならではの口コミや評判についてはコチラのブログ記事をチェックしてください。

>>親和クリニックの口コミと2chでの評判!

キャンペーン情報をチェック

ランキング2位  アスク井上クリニックアスク井上クリニックの自毛植毛

アスク井上クリニックの特長

アスク井上クリニックは元アイランドタワークリニック創設者であり、現在は植毛界のレジェンドドクターと呼ばれている『井上浩一 総院長』が開院された自毛植毛クリニックです。

『井上浩一 総院長』は美容外科医として日本で経験を積まれた後に、アメリカで植毛技術を学んでいち早く日本での普及に貢献された方です。

アイランドタワークリニックは日本国内の自毛植毛シェアの60%以上を占めている最大手自毛植毛クリニックですし、『音田正光 医師』を初めとする一流植毛医を輩出してきた歴史あるクリニックです。

こうした日本の自毛植毛業界における功績や高い自毛植毛技術から、『井上浩一 総院長』は植毛界のレジェンドドクターと日本国内外から高く評価されています。

アスク井上クリニックでは、FUE法による自毛植毛施術を改良した『i-Safe』という独自の自毛植毛施術を提供しています。

頭皮への負担を軽減するだけでなく、『親和クリニック』の『MIRAI法』と同じように後頭部を刈り上げずとも植毛グラフトを採取できることも大きなメリットとなっています。

また、『親和クリニック』と同様に実際に『井上浩一 総院長』から植毛施術を受けられた元患者さんであるカウンセラーに相談に乗ってもらうことができます。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット植毛界のレジェンドドクター『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿院のみ

注目ポイント

  • 植毛界のレジェンドドクターとして知られる『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『i-Safe法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

アスク井上クリニックならではの魅力や特徴についてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

>>アスク井上クリニックの口コミ・評判!

キャンペーン情報をチェック

親和クリニックアスク井上クリニックはいずれも自毛植毛の施術費用は高めになっています。

しかし、それぞれ世界的に自毛植毛の技術を評価されている『音田正光 総院長』、『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術を受けることができます。

自毛植毛施術は人生において何度も受けるような施術ではないですし、どうせ施術を受けるであれば心から満足できる仕上がりにしたいですよね。

それでは続いて、そもそも自毛植毛についてあまり知られていない方のために自毛植毛の施術の流れについて簡単に解説していきます。

自毛植毛とは?

後頭部から採取した植毛ドナーを移植

キャラ(ポイント)

『自毛植毛』という名称からも分かる通り、あなた自身のもうこ運細胞を移植することで発毛を実現させます。

自毛植毛とは健康的で太い毛が生える後頭部から植毛ドナーと呼ばれる毛根を採取して、薄毛が進行していたり元々毛が生えていない部分に移植することで毛が生えるようにする施術になります。

術式はFUE法・FUT法の2種類

植毛,痛い,痛くない,施術後の痛み

自毛植毛クリニックによっては独自の名称をつけた自毛植毛施術がありますが、基本的に自毛植毛の術式は2種類に分けられます。

FUT法

キャラ(ポイント)

FUT法では後頭部の頭皮を帯状に切り取って、植毛ドナーを採取していきます。

帯状に切除された頭皮から植毛ドナーをまとめて採取するため、短時間でより多くの植毛ドナーを採取できるというメリットがあります。

植毛ドナーの採取から移植部位への植え込みまでの時間が短ければ短いほど、移植された植毛ドナーの定着率は高まる傾向にあります。

ですから、FUT法による自毛植毛では、後頭部に横長の傷跡が残ってしまうというデメリットは有りますが、定着率の高い仕上がりが期待できます。

FUE法

キャラ(ポイント)

FUE法では頭皮を円形に小さくくり抜くことで、直接的に頭皮から植毛ドナーを採取する方法になります。

FUT法のように帯状に頭皮を切り取る必要がないですから、ダウンタイムが短くて済みますし、なによりも後頭部に傷跡が残らないというメリットがあります。

ただし、技術力の低い植毛医に施術を担当されると施術が長引いて体や頭皮に大きな負担がかかりますし、植毛ドナーの定着率にも影響が出るリスクがあります。

さきほどご紹介した親和クリニックアスク井上クリニックはいずれもFUE法による自毛植毛施術を提供していますが、非常に自毛植毛の技術レベルが高いですから心配ありません。

親和クリニックではMIRAI法、アスク井上クリニックではi-Safe法という独自のFUE法が提供されています。

ちなみに、自毛植毛クリニック最大手のアイランドタワークリニックではi-direct法という独自のFUE法が行われています。

また、気をつけておきたいことは大量の植毛ドナーを後頭部から採取しすぎると、後頭部の毛髪密度がスカスカになってしまうという点です。

親和クリニックアスク井上クリニックでの自毛植毛施術であれば、手作業による緻密な作業ですから後頭部の一部分だけがすかすかになるリスクはありません。

その一方で、FUE法による自毛植毛の方法には全自動ロボットを使った『ARTAS植毛』というものがあるのですが、この場合にはあらかじめ植毛ドナーの採取部分が固定されてしまいます。

そのため、余りにも大量のドナー(2000株以上)を採取することになると、いくらフサフサと毛が生えている後頭部でも若干薄くなってしまうことがあります。

しかしながら、ARTAS植毛であれば40万円ほどから施術を受けられるというメリットもありますから、あなたの予算や植毛したい部位に応じて最善な自毛植毛施術を選択しましょう。

以下のように AGAクリニックによって治療費用は若干変わりますからARTAS自毛植毛を検討したい場合には参考にしてください。

ARTAS自毛植毛の費用比較

コチラの費用比較からも分かるように、ARTAS自毛植毛を検討される場合には 特にTOMクリニックが低価格でお得に設定されています。

TOMクリニックの口コミや評判、2chでの評価や体験談についてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

自毛植毛の施術範囲やモニター価格・割引キャンペーンなどによって他のクリニックの方がお得になることもありますから、しっかり比較してみてください。

ARTAS植毛のメリット・デメリット、2chでの口コミや評判などについてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

>>ARTAS(アルタス)植毛の2chでの口コミ・評判!クリニック徹底比較

それでは続いて、自毛植毛施術の際に受ける麻酔の種類・内容についてご紹介していきます。

麻酔の種類・効果

キャラ(ポイント)

自毛植毛施術の際には麻酔を受けることになりますから、施術中の痛みは全く心配する必要がありません。

ただ、麻酔といってもさまざまな種類のものが多種多様な目的ごとに駐車されていきますから、麻酔の種類や目的についてご紹介していきます。

まず、麻酔の種類は大きく3種類に分けることができます。

自毛植毛を受ける際の麻酔の種類

  • 局所麻酔
  • 伝達麻酔
  • 静脈麻酔

静脈麻酔

キャラ(ポイント)

まず自毛植毛の施術を始める際には、静脈麻酔というものを駐車されることになります。

手の甲や腕の静脈に鎮痛剤を注射していきます。

ほとんどの場合 静脈注射を打たれてしまうと、次第に頭がぼーっとしてきてすぐに眠ってしまいます。

私自身が自毛植毛施術を受けた際にも、静脈注射を受けるとすぐに眠ってしまって、気づいたら自毛植毛施術が完了していました。

伝達麻酔

キャラ(ポイント)

また、後頭部から植毛ドナーを採取して生え際や頭頂部に移植を始める際には、眉毛付近に伝達麻酔というものを駐車されます。

伝達麻酔は神経ブロックもしくは、上眼窩神経ブロックとも呼びます。

伝達麻酔によって顔の前面のみに麻酔効果が出るため、他の体には負担が掛からずに済みます。

局所麻酔

キャラ(ポイント)

患者さんによっては、静脈麻酔や伝達麻酔を注射しても眠れなかったり、痛みを感じてしまうこともあります。

こうした場合には、その都度局所麻酔を打っていきますから、施術中の自毛植毛施術による痛みを心配する必要は全くありません。

また、移植する植毛ドナーの数が多い場合には、施術の途中で休憩が入ることがあり、食事をすることなどができます。

この際には起きることになるのですが、麻酔はしっかり効き続けていますから、特に痛みを心配する必要はありません。

麻酔に関する注意点

キャラ(ポイント)

ちなみに、リドカインやキシロカインといった成分にアレルギー反応を示してしまう場合には、上記のような麻酔を受けることができません。

全身麻酔で代用することはできるのですが、ほとんどの自毛植毛クリニックでは全身麻酔を使っていません。

ですから、リドカインやキシロカインなどの成分にアレルギー反応がある場合には、自毛植毛施術を受けることが難しくなってしまいます。

とはいっても、これまでに一度でも麻酔を受けた経験がある方であれば問題ないと思いますが、念のため無料カウンセリングなどの際に聞いてみてください。

自毛植毛施術後の痛みについて

キャラ(ポイント)

近年の自毛植毛の流れとしては、後頭部を帯状に切り取るFUT法よりも毛根ドナーを直接採取するFUE法が主流となってきています。

FUE法による毛根ドナーの採取であれば頭皮へのダメージは非常に少ないですから、施術後に麻酔が切れてしまったとしても痛みを感じる方はほとんどいません。

しかしながら、場合によっては後頭部に鈍痛や違和感を感じる場合もありますから、その際には処方された鎮痛剤を服用すれば問題ありません。

施術後の痛みは当日の夜から翌日の朝がピークになると言われていますが、それ以降であれば特に鎮痛剤を服用せずとも痛みを感じることはなくなることが一般的です。

痛みに関する2chでの口コミ

痛みを感じなかった人々の声

想像していたよりも全く痛まない。

施術後の痛みや、施術部位の腫れ等があると思っていましたが痛みも腫れもほとんどなく自分でも驚いています。

施術の次の日の受診の際にも痛みもほとんどなく、すぐに普段の生活に戻る事が出来ました。

現在は、施術した部分のカサブタができているので早く良くなるといいなと思っています。

術後、2.3日は少し出血したが痛みは無かった。

始めの麻酔が痛いと言われてますが自分はたいした痛みは無かったです。

歯医者の麻酔と同程度。看護士さんの点滴の針を刺すのも痛みも無く上手で安心できました。

手術中も全く痛みは無く、術後の痛みも無く痛み止めの薬は飲みませんでした。

痛みを感じた人々の声

麻酔が切れると痛みを感じた。

手術中は麻酔が効いてるので全然痛くないが、麻酔が切れると痛みはあった。

自分は手術した夜は、痛みがあって眠りづらかった。 翌日からは痛みもほとんどなかったが傷の部分を触ると当然痛い。

傷の部分がすっかり治るまではむやみに触らないほうがいいと思う。

数ヶ月も経過すれば、傷跡部分をいくら触っても痛くもなんともないが、 1年くらいでは、例えば固い床に寝たときとか、後頭部の傷跡部が痛い感覚はあった。

麻酔が切れれば、そりゃ痛い。

この時ネックなのは、M字部分の傷ではなく、 後頭部の傷である。

後頭部の面積の広いキズ(大怪我状態)に、 マクラが容赦なく直撃! 言うまでもなく当然激痛。

後頭部がヒリヒリする感じはあった。

手術翌日来院し、包帯を取って洗髪してもらいました。

植毛部分に痛みはありませんが後頭部にヒリヒリするような痛みがありました。

痛みの感じ方は人それぞれ

キャラ(ポイント)

2chなどのインターネット上の噛み込みで見られた口コミをチェックしてみると、自毛植毛施術後の痛みの感じ方は本当に人それぞれだといえます。

また、今回ご紹介した口コミではFUT法なのかFUE法なのかについては確認できていませんでしたが、自毛植毛の術式の違いによっても痛みの感じ方は大きく変わってくると思います。

私自身はFUE法による自毛植毛を受けたのですが、口コミにも見られていたように施術後にも全く痛みを感じずに1錠も鎮痛剤を服用しなくて済みました。

その一方で、最近ではあまり行われなくなってきましたがFUT法による自毛植毛施術の場合だと、後頭部を帯状に切除することになりますから痛みを感じることは必至かもしれません。

施術後に出血する場合もある

キャラ(ポイント)

また、場合によっては後頭部の植毛グラフト最終部分や生え際・頭頂部の移植部位から出血することもあります。

痛みが生じるかどうかは人によるのですが、出血した場合にはタオルで圧迫することで止血することができます。

しかしながら、技術レベルの高い植毛医から施術を受けていれば、こうした心配も最低限に抑えられます。

ですから、自毛植毛クリニックを選ぶ際には、単純にテレビCMやインターネット広告などのイメージ、そして期間限定キャンペーンなどで決めるのではなく、以下のようなポイントを抑えてクリニックを選ぶようにしましょう。

AGAクリニックを選ぶポイント

  • 症例数
  • 医師の経歴
  • 親身なカウンセリング
  • 看護師やスタッフの対応

やはり、以上の4つのポイントを抑えている自毛植毛クリニックといえば、親和クリニックアスク井上クリニックが非常にオススメです。

症例数や院長先生の自毛植毛経歴については申し分ないですし、親和クリニックアスク井上クリニックであれば、実際に自毛植毛を受けた元患者さんのカウンセラーさんに相談に乗ってもらえます。

また、施術後のシャンプーケアやメンタルサポートも充実していますから、自毛植毛を受けた直後の不安な時期もノンストレスで過ごすことができます。

コチラのページでは 当サイト:メディカルAGAが独断と偏見でオススメしているAGAクリニックをランキング形式でご紹介しています。

キャラ(ポイント)

単純にランキングを発表しているだけでなく、AGAクリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけないAGAクリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。

無料カウンセリングで体験者に相談!

キャラ(ポイント)

ブログ記事などのインターネット場の情報だけに頼るよりも、実際に自毛植毛を受けたカウンセラーさんに直接質問したほうがより悩みや不安が解消されるはずです。

数ある自毛植毛クリニックの中でも、親和クリニックとアスク井上クリニックでのみ 以前に自毛植毛施術を受けて薄毛コンプレックスを解消されたカウンセラーさんに相談することができます。

以下では、親和クリニック・アスク井上クリニックでカウンセラーとして活躍されているお二人についてご紹介していきます。

自毛植毛の元患者さんがカウンセラー

キャラ(ポイント)

親和クリニックの無料カウンセリングでは、音田正光 総院長から自毛植毛を2度施術された経験のある奥田直樹さんという方に相談に乗ってもらえます。

AGAクリニックのほとんどで無料カウンセリングを受けることができますが、実際に自毛植毛を2度受けられた方からの貴重な意見を聞けるのは親和クリニックとアスク井上クリニックだけです。

アスク井上クリニックもアイランドタワークリニックを開院されたレジェンドドクターとして知られる『井上浩一 総院長』から最先端の自毛植毛『i-Safe』を受けられる非常に人気な自毛植毛クリニックです。

アスク井上クリニックならではの魅力や特徴、2chでの口コミや評判などについてはコチラの記事を参考にしてください。

薄毛の悩みを持っていた奥田直樹さん だからこそ、薄毛の悩みや自毛植毛手術に対する不安などについてもあなた目線でアドバイスを受けられます。

コチラではカウンセラーとして活躍されている奥田直樹さんについてご紹介させていただきます。

親和クリニックカウンセラー:奥田直樹さんの紹介

親和クリニック,口コミ,評判,2ch

私は20代の頃から薄毛で悩み、実際に音田正光 総院長の自毛植毛を2回受けた体験者です。

当院へご相談に訪れる患者様のお悩みや不安を誰よりも理解し、お一人お一人のご要望にしっかりお答えいたします。

当院では、ドクターとカウンセラーによる2人体制でのカウンセリングを行っていますので、是非とも私たちに一度、ご相談ください。

⇒ 親和クリニック新宿での無料カウンセリングはコチラです。

植毛経験のあるスタッフからカウンセリングを受けられる

キャラ(◯)

アスク井上クリニックの無料カウンセリングを予約すれば、以前は患者として実際に自毛植毛手術を受けられた事務局長兼カウンセラー:安倍義信さんに相談を受けてもらえます。

他の薄毛・AGAクリニックであっても、ほとんどの場合であれば無料カウンセリングを受けることができます。

一般的には、自毛植毛を受けたことのないスタッフマニュアル通りに質問に答えたり施術内容の説明をすることになります。

その一方で、実際に自毛職手術を受けたことのある体験者の方に無料カウンセリングを担当してもらえるのは『アスク井上クリニック』以外では親和クリニック新宿くらいしかありません。

親和クリニックも元アイランドタワークリニック名古屋院院長として活躍され、自毛植毛を受けるために2ヶ月待ちという程の人気であった『音田正光 医師』が総院長を務められている非常に人気な自毛植毛クリニックです。

親和クリニックならではの魅力や特徴、2chでの口コミや評判などについてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

ここでは『アスク井上クリニック』の『井上浩一 総院長』の元患者さんであり、事務局長・カウンセラーを担当されている『安倍義信』さんについてご紹介させていただきます。

アスク井上クリニック カウンセラー:安倍義信さん

アスク井上クリニック,無料カウンセリング,安倍義信,口コミ,評判,2ch

私の実体験は薄毛でお悩みの患者様にとって必ずや参考になるはず。

薄毛に対するコンプレックスを自分のことのように理解でき、植毛への期待と未知の体験への不安をできる限り実体験に基づき説明するいわば 伝道師的な役割を通して皆様に「ほんのちょっとした安心」をお届けし、気持ちにそっと寄り添えると自負しております。

おすすめの植毛クリニックをお探しの方は是非一度当院にご来院下さい。院長のそばで長年この自毛植毛の現場で数多くの患者様と出会い、そして最高の結果を手に入れられたその笑顔を見てきました。

この自信と満足に満ち溢れた笑顔をお届けできるよう このアスク井上クリニックを一人でも多くの方に知って頂けるよう、そしてご来院頂いた患者様の心に寄り添えるようこれからもご縁を大切にしていきます。

アスク井上クリニックのカウンセラーさんからの生の声には、実際に『i-Safe』を受けられたからこその説得力と信頼性を感じて頂けるはずです。

アスク井上クリニックの無料カウンセリングはコチラから予約できます。

⇒ アスク井上クリニック

最後に

今回のブログ記事では、自毛植毛施術の術前・術中・術後それぞれの痛みについてお答えしていきました。

痛みに相当弱い方であったとしても施術前には局所麻酔や伝達麻酔など多種多様な麻酔を受けますから痛みを感じることはありません。

また、日本国内で自毛植毛を行っているクリニックは数多く存在しますが、最大手のアイランドタワークリニックだけでも自毛植毛の症例件数だけでも2万件ほどもあり、施術方法が確立された安全性の高い薄毛治療だといえます。

そんな私がオススメする信頼性が高く、施術後の植毛部位の仕上がりにも納得できる自毛植毛クリニックは以下の2つのクリニックになります。

オススメ自毛植毛クリニック2選!

ランキング1位  親和クリニック

親和クリニック

親和クリニックの特長

親和クリニックであれば、日本国内だけでなく世界的に植毛技術が評価されている『音田正光 総院長』から独自の植毛術『MIRAI(ミライ)法』を受けることができます。

『音田正光 総院長』は元々アイランドタワークリニックで自毛植毛意図して活躍されていましたが、当時から施術を受けるまでに2ヶ月待ちの状態が続くなど驚異的な人気を誇っています。

MIRAI(ミライ)法は自毛植毛の術式であるFUE法をさらに改良した方法であり、後頭部を刈り上げること無く植毛グラフトを採取することができ、頭皮への負担も軽く済む方法になります。

また 親和クリニックでの無料カウンセリングでは、『音田正光 総院長』から自毛植毛施術を受けて、薄毛の悩みを解消した元患者さんのカウンセラーに相談に乗ってもらえます。

実際に自毛植毛施術を経験されているからこそ分かる、貴重なアドバイスや実体験を共有してもらえますから、無料カウンセリングを受けるだけでも非常に価値があります。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット日本国内の一流植毛医『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿・大阪・名古屋・福岡

注目ポイント

  • 日本国内・世界から植毛技術が高く評価されている『音田正光 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『MIRAI(ミライ)法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

親和クリニックならではの口コミや評判についてはコチラのブログ記事をチェックしてください。

>>親和クリニックの口コミと2chでの評判!

キャンペーン情報をチェック

ランキング2位  アスク井上クリニックアスク井上クリニックの自毛植毛

アスク井上クリニックの特長

アスク井上クリニックは元アイランドタワークリニック創設者であり、現在は植毛界のレジェンドドクターと呼ばれている『井上浩一 総院長』が開院された自毛植毛クリニックです。

『井上浩一 総院長』は美容外科医として日本で経験を積まれた後に、アメリカで植毛技術を学んでいち早く日本での普及に貢献された方です。

アイランドタワークリニックは日本国内の自毛植毛シェアの60%以上を占めている最大手自毛植毛クリニックですし、『音田正光 医師』を初めとする一流植毛医を輩出してきた歴史あるクリニックです。

こうした日本の自毛植毛業界における功績や高い自毛植毛技術から、『井上浩一 総院長』は植毛界のレジェンドドクターと日本国内外から高く評価されています。

アスク井上クリニックでは、FUE法による自毛植毛施術を改良した『i-Safe』という独自の自毛植毛施術を提供しています。

頭皮への負担を軽減するだけでなく、『親和クリニック』の『MIRAI法』と同じように後頭部を刈り上げずとも植毛グラフトを採取できることも大きなメリットとなっています。

また、『親和クリニック』と同様に実際に『井上浩一 総院長』から植毛施術を受けられた元患者さんであるカウンセラーに相談に乗ってもらうことができます。

評価★★★★★
価格およそ100万円〜
メリット植毛界のレジェンドドクター『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
店舗新宿院のみ

注目ポイント

  • 植毛界のレジェンドドクターとして知られる『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術が受けられる。
  • 独自の自毛植毛施術『i-Safe法』によって、後頭部を刈り上げずに植毛グラフトを採取することで施術が周りの人々にバレにくい。
  • 術前・術後のカウンセリングサポートが充実していて、自毛植毛の施術直後の不安や悩みについても親身に対応してもらえる。

アスク井上クリニックならではの魅力や特徴についてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

>>アスク井上クリニックの口コミ・評判!

キャンペーン情報をチェック

親和クリニックアスク井上クリニックはいずれも自毛植毛の施術費用は高めになっています。

しかし、それぞれ世界的に自毛植毛の技術を評価されている『音田正光 総院長』、『井上浩一 総院長』から自毛植毛施術を受けることができます。

自毛植毛施術は人生において何度も受けるような施術ではないですし、どうせ施術を受けるであれば心から満足できる仕上がりにしたいですよね。

術式はFUE法・FUT法の2種類

植毛,痛い,痛くない,施術後の痛み

自毛植毛クリニックによっては独自の名称をつけた自毛植毛施術がありますが、基本的に自毛植毛の術式は2種類に分けられます。

FUT法

キャラ(ポイント)

FUT法では後頭部の頭皮を帯状に切り取って、植毛ドナーを採取していきます。

帯状に切除された頭皮から植毛ドナーをまとめて採取するため、短時間でより多くの植毛ドナーを採取できるというメリットがあります。

植毛ドナーの採取から移植部位への植え込みまでの時間が短ければ短いほど、移植された植毛ドナーの定着率は高まる傾向にあります。

ですから、FUT法による自毛植毛では、後頭部に横長の傷跡が残ってしまうというデメリットは有りますが、定着率の高い仕上がりが期待できます。

FUE法

キャラ(ポイント)

FUE法では頭皮を円形に小さくくり抜くことで、直接的に頭皮から植毛ドナーを採取する方法になります。

FUT法のように帯状に頭皮を切り取る必要がないですから、ダウンタイムが短くて済みますし、なによりも後頭部に傷跡が残らないというメリットがあります。

ただし、技術力の低い植毛医に施術を担当されると施術が長引いて体や頭皮に大きな負担がかかりますし、植毛ドナーの定着率にも影響が出るリスクがあります。

さきほどご紹介した親和クリニックアスク井上クリニックはいずれもFUE法による自毛植毛施術を提供していますが、非常に自毛植毛の技術レベルが高いですから心配ありません。

親和クリニックではMIRAI法、アスク井上クリニックではi-Safe法という独自のFUE法が提供されています。

ちなみに、自毛植毛クリニック最大手のアイランドタワークリニックではi-direct法という独自のFUE法が行われています。

また、気をつけておきたいことは大量の植毛ドナーを後頭部から採取しすぎると、後頭部の毛髪密度がスカスカになってしまうという点です。

親和クリニックアスク井上クリニックでの自毛植毛施術であれば、手作業による緻密な作業ですから後頭部の一部分だけがすかすかになるリスクはありません。

その一方で、FUE法による自毛植毛の方法には全自動ロボットを使った『ARTAS植毛』というものがあるのですが、この場合にはあらかじめ植毛ドナーの採取部分が固定されてしまいます。

そのため、余りにも大量のドナー(2000株以上)を採取することになると、いくらフサフサと毛が生えている後頭部でも若干薄くなってしまうことがあります。

しかしながら、ARTAS植毛であれば40万円ほどから施術を受けられるというメリットもありますから、あなたの予算や植毛したい部位に応じて最善な自毛植毛施術を選択しましょう。

以下のように AGAクリニックによって治療費用は若干変わりますからARTAS自毛植毛を検討したい場合には参考にしてください。

ARTAS自毛植毛の費用比較

コチラの費用比較からも分かるように、ARTAS自毛植毛を検討される場合には 特にTOMクリニックが低価格でお得に設定されています。

TOMクリニックの口コミや評判、2chでの評価や体験談についてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

自毛植毛の施術範囲やモニター価格・割引キャンペーンなどによって他のクリニックの方がお得になることもありますから、しっかり比較してみてください。

ARTAS植毛のメリット・デメリット、2chでの口コミや評判などについてはコチラのブログ記事を参考にしてください。

>>ARTAS(アルタス)植毛の2chでの口コミ・評判!クリニック徹底比較

自毛植毛に関する内容については、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>自毛植毛・ダイレクト法で失敗?ブログの失敗談&デメリット

>>ロボットで植毛?自毛植毛ロボットARTASの症例&実績

>>自毛植毛・グラフトの目安!500株・1000株の施術範囲

>>自毛植毛を激安で受ける!費用が安い3つの理由&デメリット

>>自毛植毛の密度アップ!ダイレクト法を選ぶべき3つの理由

>>自毛植毛によるショックロスの時期と症状!対処方法まとめ

>>韓国での自毛植毛の費用は?自毛植毛ツアーの評判やデメリット

>>自毛植毛を最新技術で受ける!失敗しないAGAクリニックの選び方

また、コチラのページでは 当サイト:メディカルAGAが独断と偏見でオススメしているAGAクリニックをランキング形式でご紹介しています。

キャラ(ポイント)

単純にランキングを発表しているだけでなく、AGAクリニックを選ぶ際の判断基準絶対に選んではいけないAGAクリニックの特徴なども分かりやすく解説しています。